妊娠6週目は心拍が確認できる?なるべくゆったりのんびり過ごそう!

赤ちゃんの心拍を確認

妊娠6週目というと、そろそろ赤ちゃんの心拍が確認できる頃です。

心拍が確認できると絶対に安心!という訳にはいきませんが、気持ちはだいぶ楽になりますね。

私が第1子を妊娠した時は、妊娠6週目の診察が一番緊張しました~。

妊娠初期は嬉しい気持ちもいっぱい。

不安な気持ちもいっぱい。

まだまだお腹も大きくならないので、本当に妊娠してるのかな?という気持ちにもなったり・・・

今回はそんな妊娠6週目についてまとめています。

ぜひ、読んでみてくださいね!

エコーではこんな風に見えます

私が妊娠していた時のエコー写真で説明していきますね。

妊娠5週目の診察では無事に胎嚢を確認することができました。

妊娠5週目のエコー写真はこちらです。

そして、こちらが妊娠6週目のエコー写真です。

  • 黒い空間が胎嚢
  • 白いリングが卵黄嚢
  • 卵黄嚢の横の白い塊が胎芽

です。

1週間前に比べると、胎嚢が大きくなって『胎芽』がはっきり分かるようになりました。

『胎芽』はこれから『胎児』へと成長します。

産婦人科でエコーの映像を見せてもらった時は、胎芽の部分でチカチカと心拍が動いているのも確認できました。

心拍が確認できた時は本当にホッとしました!

個人差はありますが、妊娠6週目の胎芽の大きさは0.2cmから0.5cmと言われています。

こんなに小さいのに、すでに心臓が動き始めているなんて、なんだか神秘!ですね。

よろしければ下記の記事もご覧ください。

妊娠5週目の赤ちゃんってどんな感じ?エコーでどんな風に見えるの?

心拍が確認できない時は?

心拍が確認できない時に考えられる原因は

  1. 排卵日が予想以上に遅れていて、週数に誤りがあった
  2. 流産してしまっている

などです。

私が産婦人科で働いていた時は①の人がけっこうおられました。

この場合は、次の診察の時には心拍が確認できると思います。

特に、初めて診察を受けたのが妊娠6週目だったという人は①の可能性が十分にあるので、あまり心配しすぎないようにしましょう。

万が一、②の可能性がある時は、おそらくドクターから説明があると思います。

前回のエコー写真と比べて、成長がほとんど見られない場合や、卵黄嚢だけが大きくなっている場合に②の可能性が出てくるようです。

妊娠初期の流産は、染色体の異常などが原因で残念ながら止めることはできません。

誰にでも起こり得ることで、誰のせいでもありません。

万が一、②だったとしてもお母さんは絶対に自分を責めないでくださいね。

妊娠初期は出血することがある

私が第2子を妊娠しているとき、妊娠6週目にうっすらとショーツに付く程度の出血をしました。

かなり不安になりました。

実は、妊娠初期の少量の出血は珍しいことではないようです。

安静にしておれば治まることがほとんどですが、必ず、産婦人科に電話をして指示を仰ぐようにしましょう。

  • 私が働いていた産婦人科では、少量の出血でも診察に来てもらうように案内していました
  • 私が出産した病院では、安静にして様子をみるように案内されました

私の場合、安静にすることですぐに出血は治まり、その後、無事に出産しています。

ゆったりした服装にする

まだまだお腹は大きくなりませんが『つわり』が始まる人が多いです。

私は妊娠6週目には食べられるものがほとんど無くて、吐いてばかりいました。

つわりの時は身体を締め付ける服装にすると余計にしんどくなります。

なので、ゆったりした服装にして、下着もマタニティのものに変えてしまいましょう!

下着をゆったりしたものに変えるだけでもつわりの症状は楽になります。

妊娠中から産後まで長く使える授乳ブラも可愛いものがたくさんあるので、時間がある時はのんびり検索するのも楽しいです。

授乳ブラについては下記の記事にも書いています。

よろしければご覧ください。

授乳服って本当に必要?どんなものをどれくらい準備すれば良い?

まだまだお腹は大きくならないけれど、お腹の赤ちゃんはものすごいスピードで成長しています。

つわりが終わるとマタニティライフはあっという間に終わってしまいます。

できるだけゆったりとマタニティライフを楽しんでくださいね!

妊娠7週目の記事は下記になります。

よろしければご覧ください。

妊娠7週目はそろそろ予定日が決定する?母子手帳も貰いに行こう!

それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA